総じて一日かかったフィールドだけど地球を感じられたケニアツアーがびっくり

ぼくは旅行が大好きですが、相当好きなところにはいけません。今までぼくがいう旅行の中で、最も感動のは、ケニア旅行です。ケニアのマサイ村国立公園への旅行でした。
津々浦々からケニアの首都ナイロビまで、一年中くらいかかります。エアーの入れ替えをしなくてはいけないのです。
私の場合は、シンガポール取り替えて、ドバイで乗り継ぐといった2回差し換えなくてはいけません。
ナイロビからマサイ村まで、ちいさなエアーでいくのですが、そこからとうに非現実のおとぎ話という世の中が始まるのです。エアポートはアスファルトなど無く、土地なのです。エアーも日本には絶対に弱い、古くてよくわからないものです。あんなエアーに乗ってマサイ村に向かいますが、エアーの窓から以下を覗くと、キリンが走っていたり、像がいたり行う。住宅は何も無く、洗い浚いナチュラルから作られたものだけなのです。
そうして、エアーはマサイ村国立公園に到着します。そうしてジープに乗って逗留ポイントへと伺うのですが、ここからもキリンの下をモデルが走り、像の仲間が急遽現れたりと限りなく普通のです。逗留ポイントは愛らしいロッジで、ごちそうも特別なことはなく普通に美味しく食べれるごちそうでした。
次の日から、サファリ試合といって早朝に公園の消息筋をモデルで散策します。何故明方なのかというと、ライオンを始め動物の狩りの時刻が夜間で、早朝に食べてある様相が見られるということなのです。そうして遭遇したのです。ライオンがシマウマを食べて掛かる様相を。別に只今だに忘れられないのは、シマウマの骨を砕く調音です。こうやって生命をつないでいるんだと思ったら、シマウマからの精神、ライオンからの精神と考えるとナチュラルだからとしか効くみたいがありません。いのち力を捉え、そして、深夜、忘れることができないのが、星です。地球から映る星はこれ程あるんだと知った年月、信じられないくらい明るく、これが地球なんだと感動のです。
帰国後は、勿論日本の生涯はリッチで外しられませんが、ケニアのナチュラルが地球の本来の様相ものののかもというと、津々浦々は幾らか心残りナショナリズムではとも思ってしまいました。個人再生に強い弁護士この法律事務所は24時間受付しています