第三国から日本に加わるツーリストに推薦するなら古都かなと思います

現時点で、国中を訪れた外人の数量ははじめて2000万人を突破しました。政府はもっとたくさんの外人が日本に来てくれるようにと、名勝やホテルの補修などに乗り出していらっしゃる。そんな中で別に外人に人気があるのが京都。京都へ行くとウィークデイ・休暇かかわらず、意外と大勢のツーリストが訪れています。路線バスや地下鉄の人混みは当たり前で、有名な寺社の間近だと、ちょっとお茶講じるだけでも長蛇の列に並ばなければいけないなど、不便なゾーンも出てきていらっしゃる。それに比べて、こちらが先日訪れた奈良は、おんなじ「古都」ですのに、また京都と同様にツーリストが多いにもかかわらず、はなはだのんびりした雰囲気でとっても良かったのです。一緒に行った近隣は「京都に旅立ちに来た人って“取りあえず京都くさいことを経験して帰ろう”って感情が強くてギンギンしてるけど、奈良はそれがそれほど乏しい気がする」と言っていました。やはり、有名な寺社や人気のあるレストランはそれなりに並んでいたりしますが、メインの場所の道路がまったく大きく作られていたりやるせいか、ギュウギュウ・キツキツという感じは徹頭徹尾しませんでした。奈良にも京都に負けないくらいたくさんの歴史ある自宅がありますし、美味い夕食もたくさんあります。「ちょい経歴を感じる旅が目指す、それでも人の多いところはなんとなくね」と思っているヤツには、奈良はすこぶるオススメです。全国対応おすすめの法律事務所はこちらです