ざっと日帰りかかった目的地だけど地球を感じられたケニア旅行が感動

僕はピクニックが大好きですが、どうしても好きなところにはいけません。今まで僕が言うピクニックの中で、最もビックリのは、ケニアピクニックです。ケニアのマサイ村国立公園へのピクニックでした。
津々浦々からケニアの首都ナイロビまで、一年中くらいかかります。航空機の乗り換えをしなくてはいけないのです。
私の場合は、シンガポール入れ換えて、ドバイで乗り継ぐといった2回入れ換えなくてはいけません。
ナイロビからマサイ村まで、ちいさな航空機でいくのですが、そこからとっくに非現実の幻想という条件が始まるのです。エアポートはアスファルトなど無く、土地なのです。航空機も日本には絶対に乏しい、古くてよくわからないものです。そういう航空機に乗ってマサイ村に向かいますが、航空機の窓から部下を覗くと、キリンが走っていたり、像がいたりする。アパートは何も無く、すべて順当から作られたものだけなのです。
そうして、航空機はマサイ村国立公園に到着します。そうしてジープに乗って寝泊りコーナーへと伺うのですが、ここからもキリンの下をモデルが走り、像の大群が俄然現れたりと人生ナチュラルのです。寝泊りコーナーはまぶしいロッジで、飯も特別なことはなく普通においしく食べれる飯でした。
次の日から、サファリレクリエーションといって早朝に公園の内をモデルで散策します。何で午前なのかというと、ライオンを始め生き物の狩りの間隔が深夜で、早朝に食べて要る見かけが見られるということなのです。そうして遭遇したのです。ライオンがシマウマを食べていらっしゃる見かけを。とりわけ現在だに忘れられないのは、シマウマの骨を砕くメロディーです。こうやって生命をつないでいるんだと思ったら、シマウマからの心地、ライオンからの心地と考えると順当だからとしか効くみたいがありません。命力をもらい、そして、夜中、忘れることができないのが、星です。地球から当てはまる星はこんなにあるんだと知った時、信じられないくらい明るく、これが地球なんだとビックリのです。
帰宅後は、当然日本のくらしは繁盛で外しられませんが、ケニアの順当が地球の本来の見かけというのかもというと、津々浦々はいくぶん心残り国々ではとも思ってしまいました。スキンフェアリーリペアクリーム使ってる40代女性多いんです